東京駅八重洲口「グランルーフ」

昨年10月に 東京駅八重洲口完成した 「グランルーフ」に立ち寄った。長さ230mにおよぶ膜構造による巨大な庇は、海外の空港のエントランスを思わせる。下部に続くペデストリアンデッキに心地よい日陰をつくり、壁面緑化などと共に都市の中に清涼感ある涼しげなスペースとなっている。丸の内側と対照的な軽やかな構造体に好感がもてる。


Blog


日常にある

風土、建築、Art、デザイン

の見聞を掲載しています

selected entries

categories

archives