TIME'Sビル

数年ぶりに京都三条のTIME'S(1984年安藤忠雄)に立ち寄った。私にとっては当時、建築を学びたいと開眼した建築のひとつである。いま内部を巡ってもこの建築の複雑な空間構成や完成されたディテールの魅力は変わらない。築三十数年の経年は感じないが、テナントの空きが少し残念である。

  • 2019.02.16 Saturday
  • news


Blog

日常の街、風土、建築、Art、デザイン
の見聞を掲載しています

selected entries

categories

archives