安藤忠雄 初期建築原図展

国立近現代建築資料館で行われている、安藤忠雄氏の初期建築原図展を見学した。住吉の長屋(1976)から城戸崎邸(1990)ぐらいまでの住宅や教会、アトリエなど初期の小規模な建築の図面と模型展である。我々世代にはどれも、学生時代、雑誌を喰い入るように見、課題で真似たりと思い出の建築群である。発表当時は自立した壁やマッシブなボリュームが周辺環境と対峙した孤高の印象が強かったが、今見ると、コンクリートの躯体と窓や開口、ドアなどの納まりや詳細に書かれた、周辺レベル(高さ)や隣家など、建築の「斬新」さを追うだけではなく「永続性」や「予定調和」への高い意識を改めて感じた。「初期」というカテゴリーは安藤建築の原点であると同時に、我々の設計姿勢の原点でもあるべきであろう。

  • 2019.09.03 Tuesday
  • art


Blog

日常の街、風土、建築、Art、デザイン
の見聞を掲載しています

selected entries

categories

archives