汐留タワービル

年に数回汐留に足を運ぶ。駅からの道すがらに「汐留タワービル」(設計:2003年KAJIMA DESING)がある。地上38階の高層ビルであるが、上部までテラコッタタイルが貼られていて、ガラス張りの高層ビル群の中にあって、静かな品格を漂わせている。窓のプロポーションが美しく、また、素焼き風のタイルに対し、窓廻りのシャープなディテールがさり気なくモダンな印象を与えている。いつも何気に”ふっ”と足を止めて見入ってしまう、好きな建築。

 

 

 



Blog


日常にある

風土、建築、Art、デザイン

の見聞を掲載しています

selected entries

categories

archives